◎着物

着物を着るという楽しみ方

「着物を着る」というと、とても大変、高価なものだから普段には・・・などと考えて、なかなか着る機会がなくなり、箪笥の肥やしになっているのが一般ではないでしょうか?一昔まえまでは、嫁入り道具には必ず箪笥と着物がつき物でしたが、今は必ずという感じではないようです。

私たちは、着物をもっと手軽に、身近に感じていただきたく、古着をおしゃれに着こなして出かけるように、気軽に着物を着てお出かけをしてほしいと思っています。着物のよさ、手仕事のすばらしさ、色、柄、刺繍、染め、絞りなどを心から楽しんでほしいと思います。

着物と帯を合わせるときのどきどきした感覚、和装にあう小物を見つけるときのわくわく感、いつもとちがう髪型、メイク、おしゃれな楽しみがどんどん膨らんでいきます。そんな、いつもとちがう楽しみを、もっと日常に感じてみませんか?

いろいろな決まり事にこだわらない、自由な表現ができる現代だからこそ、昔きものをあなたらしく着こなして表現してみませんか?


着物の素材にこだわっています!

華羅の着物は、現代の化学繊維の着物は取り扱わず、自然素材にこだわっています。状態もよいものを厳選して、すぐに着て楽しめるものを取り揃えています。店主が着物に精通していて、わからないことは、なんでもお答えします。また、ご相談していただきましたら、ご希望に沿うように全力でお手伝いさせていただきます。昔きものは、寸法があわないということも多々ございますが、スタッフがサイズのお直をしますので、ご安心ください。着物(昔きもの)を現代の感覚で粋に着こなしてお出かけしてみませんか?


振袖はご予算に応じてお揃えします

振袖はご予算に応じて、セット価格15万円から(振袖、長襦袢、帯、帯揚げ、帯締め)


◎時代箪笥

個性豊かな和箪笥を探してみませんか

時代箪笥の大きな特徴と言えば、その豪華な飾り金具と、選び抜かれた木材の重厚な造り。ただ、そんな立派な家具を今の空間に合わせるとなると、和の雰囲気が強すぎてしまい、手持ちの家具とマッチさせるのはなかなか難しいですよね。
華羅ではお住まいの家に合わせた時代箪笥をご提案致します。


◎リメイク

アンティーク家具をシンプルにリメイク!

材質や造りなど、家具の持つ良さをきちんと生かしたリペアワークは、今の暮らしに和家具を取り入れやすくするのはもちろん、現代に「いいもの」を残すためにもとても重要なことなのです。
華羅では古い家具の美しさをいい感じに上手に残してモダンインテリアに変身させた、シンプルなリメイク家具をご提案しています。

○革張り ソファー

古くなったソファーを、華羅のテーマカラーの赤をメインに牛革のパッチワークでリメイク。ちょっとリッチに!それでいて、どこか懐かしい。深い味わいのあるソファーに仕上げました。

○テーブル

天板には、自社で使ってるコーヒー豆の袋を加工しリメイク。リサイクルとリメイクどちらも活かせる、ナチュラルなテーブルに仕上げました。

職人さんの手仕事

古くなって今ではあまり見ることも少なくなった足踏みミシン。その貴重な脚を使って、テーブルの脚として使いリメイク。

アンティークなステンドグラスを古民家の一角に。

ステンドグラスは間仕切りとしても使えます。

使い方無限大◎